2015年

2月

26日

排水管洗浄ホースのノズルについて

排水管洗浄ホースのノズル部分は大きく分けるとロケットノズルとスズランノズルが有ります

ロケットノズルは価格が安い狭い管でも使える


スズランノズルは価格が高い曲がりで入りやすい

基本的にはプロはスズランノズルを使うことが多いです


続きを読む

2015年

2月

24日

排水管洗浄ホースの種類

排水管洗浄ホースには、大きく分けるとウレタンブレード、ステンレスワイヤーブレードが有ります

家庭用の排水管洗浄ホースは基本的に家庭用高圧洗浄機のホースと同じ材質に専用ノズルを付け他製品が多く

パイプクリーニングホース,パイプクリーニングキットなどど呼ばれています、業務用は洗管ホースと呼ばれています、

それぞれ短所長所が有りその上で購入を考えた方が良いでしょう。

又ノズルも大きく分けてロケットタイプ、スズランタイプが有り排水管にの入り方も違います

ホースの特徴

長所

家庭用 : 安い

ウレタンブレードホース : 排水管に優しい

ステンレスワイヤーブレードホース : 滑りが良い


短所

家庭用 : 曲がりが通過しにくい

ウレタンブレードホース : 滑りが悪い

ステンレスワイヤーブレード : 価格が高い


ノスルの特徴

長所

ロケットノズル : シンプルなので丈夫

スズラン : 排水管の曲がり部分が入りやすい


短所

ロケットノズル : 排水管内の凹凸で引っかかる

ススランノズル : 金額が高い


基本に専門業者はステンレスワイヤーブレードのススランノスルを使用しています




続きを読む 0 コメント

2015年

2月

20日

排水管洗浄 

排水管の清掃には、大きく分けると3種類の清掃方法が有ります

・高圧洗浄機を使った清掃

・ぜんまい型の針金を入れる清掃

・薬品を入れる清掃

この3種類の方法には長所と短所があります

薬品を使う掃除は尿石などの掃除に使う事が多く汚れを溶かしますが、薬品が流れてしまいますので、排水管のを一部塞ぎ

薬品が貯められるように掃除をすると効果が上がりますが、排水管の下半分しか掃除が出来ないことが多いです。

ぜんまい型針金は完全に詰まっている排水管の洗浄に使います、排水管の中で針を回す事で、汚れに穴を開けられます、

ただし、汚れに穴が開きますが、ぜんまい部分より大きい穴は開かないために、汚れに穴は開きますが、気品的が汚れは

残っているために直ぐに再度つまります、

高圧洗浄機を使用した排水管の洗浄機は専用の逆噴射のするを高圧ホースに取り付け排水管の内部で高圧水の力で内部の汚れを削り洗浄します、排水管の中では、手前斜めに複数から水が出ているために、水の力で専用高圧ホースが奥に進みます

又水が斜め手前に出る事で間の淵まで洗浄が出来ます、この方法が専門業者が排水管洗浄を行う基本的が方法になります。

0 コメント

2014年

12月

03日

業務用高圧洗浄機と家庭用高圧r洗浄機の圧力と水量について

業務用高圧洗浄機には、電気式高圧洗浄機、エンジン式高圧洗浄機があり、エンジン式の中でも防音型高圧洗浄機とエンジンが見える音が大きい製品に分かれます、家庭用高圧洗浄機は家庭の100Vで使うタイプになります、

両方の高圧洗浄機友に、洗浄能力のポイントは最高圧力と毎分にでる水量できまります、よって機械には必ず、最高圧力(Mpa)と水量が書いてあります、ただし業務用高圧洗浄機はポンプに負荷が無い時の水量を記載しているメーカーが、ほとんどです、実際に高圧ガン(トリガー)から水を出すと、動力に負荷がかかり、エンジンなどの音が回転数が下がり変わると思います、回転数が下がりポンプの回転も下がることによって、水量は1割から2割位少なく出ています、

家庭用高圧洗浄機は基本的に、ノズルから出ている水量を記載してある事が多いです、ただしメーカーの考え方で記載方法が違うので、注意が必要です。

0 コメント

2014年

11月

27日

業務用高圧洗浄機と家庭用高圧洗浄機の違い

高圧洗浄機の中では、業務用高圧洗浄機と家庭用高圧洗浄機があります、

大きく分けると、最高圧力、毎分に出る水の量、小さいモーターを早く回す、耐久性などが、違います

まずは家庭用高圧洗浄機で多いのが、ケルヒャー、アイリス、リョービ、日立、他にオリジナルで中国製品が多く出ています、中では最近有名なのが、オリジナル洗浄機で、有名になった製品もありますね、ただし国内での販売をする際に日本での基準で合格する必要が、有ります、1500ワット以内で、内部などの部品などに、高い熱が出ないなどがあります、実際は100V1500ワットの制限が有るので、中には9Mpaなどを言っている商品が有りますが、購入して複数台テストした結果、通常7.5Mpa~8Mpaしか出ていません、9Mpaを出すには、ノズルを小さい穴にすると、データー上では、出せますが、ブレーカが大きい必要があり、また穴を小さくすると、水量が減るので、洗浄力が下がります、ケルヒャーなどは、機械を計測してストをした結果、スペック表示に近く問題は、有りませんでした、、我が社も自社製品を開発したが、通常8.5Mpaまでしか出せない事が判明、9Mpaまで上げると、電力が国内規格を超すので、実際と違う数値で広告はしたくないので、振出に戻り検討中です、

又、家庭用は、とにかく耐久性が無く、50時間~100時間で壊れる部品で構成されています、週末に30分使う程度だと、計算上では何年か使えるとの計算です、当然低価格なので、安い部品が使われているので当然のことです。

家庭用はどの高圧洗浄機でもガンを離すと電源が止まるのが特徴で、この部品が特に壊れます、長期使用しないと固着して電源が入らなくなり、使いすぎると動きは誤作動が起きます、その次に多いのはポンプ内の圧力パッキンです、

実際はモーターは低電圧で使用品しなければ、加圧スイッチ、ポンプ内パッキンより先に壊れる部品ではありません 

 

業務用は電気式であれば、ケルヒャーの業務用(グレー機)、マキタ、エンジン式でフルテック、清和産業、ワグナー、ホンダ、蔵王産業、丸山清作所、他にあります、

何が違うのかと言うと、考え方としては、大きなモーターを使い、余裕があります、結果耐久性が上がり、長持ちします、洗浄力で比較すると、例えば9Mpaでい1時間で300リットルの洗浄機よりも、8Mpaで1時間で400リットル出る洗浄機の方が、洗浄効率が上がります、例えば、エンジン式高圧洗浄機で8Mpaで1時間1200リットル出る高圧洗浄機は、イメージ的には家庭用高圧洗浄機数台で、同時に同じ場所を洗浄しているのと、同じです、一般的に最高圧力ばかり、目立ちますが、実際は水量と圧力のバランスが重要なのです、

 

 

家庭用高圧洗浄機の長所

・安い

・軽い

 

家庭用高圧洗浄機の短所

・寿命が短い

・パーツが弱い

・モーターが小さいので高音になり、うるさく聞こえる

 

 

業務用高圧洗浄機の長所

・耐久性が高い

・電気式でも水量が多く洗浄力が有る

・部品の耐久性がある

・後からオリジナルで改造が出来る

・モーターが大きいので音が低音になり静かに聞こえる

 

業務用高圧洗浄機の長所

・高い

・重い

 

よく使う人は、長い目からみると、2万円位の家庭用洗浄機を何回も買うより業務用の方が割安になります

本当に時々しか使わない人は家庭用で十分ですただし、1月に5分位は使わないと圧力スイッチが壊れます

 此方に高圧洗浄機のパーツは沢山あります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント