業務用高圧洗浄機

高圧洗浄機 業務用電気高圧洗浄機

業務用高圧洗浄機と家庭用の違い


業務用高圧洗浄機と家庭用高圧洗浄機では、吐出水量や水圧、耐久性、維持コストなどが異なります。吐出水量は、洗浄機が噴射する水の量の事で、家庭用だと、約300L/~400/時なのに対し、 業務用の場合では400-2,000L/時ほどの水量で電気~エンジンまでパワフルに洗浄可能です。

圧力は家庭用だと100Vで出せる力が60キロ(6Mpa)~80キロ(8Mp)が限界です
業務用は電気の高圧洗浄機でも100Vで有れば80キロ(8Mp)位です、ただし200Vになると250キロ(25Mpa)位まで出せる機種もあります

エンジン式高圧洗浄機だと100キロ(10Mpa)~350キロ(35Mpa)位の機種があり、例外としては2000キロ(200Mpa)の超高圧洗浄機もあります
一般的に200キロ位までが多く使用されています

耐久性
家庭用高圧高圧洗浄機はとにかく弱いです、メーカーの考えかたとしては、週末に家又は車の洗浄で毎週30分使用しても月4時間程度しか使わない、と考えていおり家庭用をハードに使った時は短期間でも保証しないようです


高圧洗浄機は、非常に高い圧力を発生させて洗浄をするため、あらゆるパーツに負荷がかかります。高圧ホースや継手など、長時間使用すると消耗しパーツを交換する必要が発生します。業務用の高圧洗浄機のパーツは、家庭用に比べて、耐久性が高く長期間使用できますが、その分高価となります。

 

一般的に、洗車や家庭の外壁を洗浄する程度であれば、家庭用をおすすめしますが、家庭で使用する場合でも、頻繁かつ長時間使用したいケースなどは、業務用高圧洗浄機を選ばれたほうが良いケースも有ります。
下コンテンツ
close1
close1
close1
close1
close1
close1
close1
close1
close1
close1
close1
close1
close1

楽天から購入のページに行く
ヤフーショッピングのページに行く